12月に入り、寒さが身体の芯をつき抜ける感じがします・・・

こないだ、武道館にエリック・クラプトンとスティーブ・ウィンウッドのLIVEに行ってきました。
初めての武道館ということで武道館に行くだけでもウキウキしてしまいましたが、
会場に入ってみると初老の男性で会場が埋め尽くされていました。

やはり音楽というものは、年をとっても普遍の熱さがあるものなのだと感じました。
感じかたや表現の仕方は、年を重ねるごとに少しずつ変化するものだと思いますが、
変化するためには、心に熱さを秘めていなければならないと思います。

熱いぜ、おやじー!!!!!

エリック・クラプトン・スティーブ・ウィンウッドともに60歳越えとは思えないパワフルな歌声でした。
声がセクシーでしたね。

あと、個人的にドラムのスティーブ・ガットがかっこよかったです。
あまり、刻む感じじゃないけど重さがあって好きでした。

もっと、色々音楽について学び・感じたいです。

誘ってくださった、咲子さんありがとう!!!!